車の盗難手口、リレーアタックの対策とは?

そもそもリレーアタックとは、特殊な機器が車のスマートキーの電波を増幅させて、別の端末で電波を受信する事によって鍵のかかった車のドアを開錠させるという手口ですが、たった1分程度で盗難されてしまうと言われていますよ。

車の盗難は減少傾向にありますが、海外でも人気の高い車種は被害に遭いやすいですから盗難対策が必要なのです。

屋外駐車場に置いてある車が盗難されやすいというデータがありますので、侵入されやすくて照明がないような場所に駐車しているなら注意しましょう。

リレーアタックの対策として、スマートキーのモードを活用したり、鍵は鉄製の缶などに入れて保管しておきましょう。

近年ではリレーアタックの他にも、コードグラバーという怖い盗難手口が登場しているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る