ドアスコープのリスクとやっておくべき防犯対策とは?

玄関ドアのドアスコープから訪問者を家の中から確認する事ができますが、ドアスコープにはリスクもありますので防犯対策を実践しておきましょう。

ドアスコープは外からでも簡単に外す事ができるため、ドアスコープから器具を入れてサムターン回しで鍵を開けられる可能性があるのです。

ドアスコープを使用していない時には目隠し用のドアスコープカバーを取り付けたり、外側から外されにくい防犯性能の高いドアスコープへ交換したり、玄関に防犯カメラを導入して対策しましょう。

サムターン回しの対策としては、サムターンカバーを取り付けておくのがオススメですよ。

玄関からの侵入や室内の盗撮などの被害を防ぐためにも、ドアスコープの防犯対策も忘れずに行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る