二世帯住宅に住むなら知っておくべき防犯対策とは?

二世帯住宅は特に空き巣に狙われやすいと言われているので、暮らすのであれば防犯対策について知っておく事が大切ですよ。

二世帯住宅は住人の人数が多いため防犯意識が低くなりやすく、人が入ってきても警戒心を抱きにくくなったり、不審者が侵入した音などにも気付きにくくなると言われているのです。

日頃から家族間のコミュニケーションを大切にして住人全員の防犯意識を高めて戸締りを徹底したり、ホームセキュリティのサービスに加入したり、補助錠を取り付けて二重ロックを導入したり、防犯カメラやセンサーライトを設置して防犯対策しましょう。

帰って来たら「ただいま」と言う声がけを心がけたり、物音が聞こえたら確認するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る